犬の肛門嚢摘出

トリミングの時など定期的にしぼる肛門腺。
臭い分泌物を出すところですね。
それが溜まっている袋を肛門嚢(のう)と言います。
通常は排便時や力んだ時に自然と出ますが、肛門腺の性状が固くなったりすると人間がしぼってあげないと溜まってしまって肛門嚢が破裂したり感染して炎症を起こしたりなどトラブルになります。

今回の症例は何度も感染を繰り返し、内科的に治療してもすぐにぶり返してしまうため、摘出することとなりました。
※手術画像になりますので苦手な方はご注意ください。

まずは肛門腺の出口を確認します。
お尻の穴を中心として時計で例えると4時と8時の位置に肛門嚢があります。

犬の肛門嚢摘出

何も溜まっていない肛門嚢を触知するのは困難なのでシリコンを注入します。

犬の肛門嚢摘出

滅菌状態にしてオペ開始です。
4時と8時の位置にシリコンによって膨らんだ肛門嚢があります。

犬の肛門嚢摘出

切皮して周りの組織を慎重に剥がしていくと肛門嚢が露出されました。

犬の肛門嚢摘出

黄色っぽく透けているのは注入したシリコンです。
肛門嚢がほぼ分離できました。

犬の肛門嚢摘出

あとは管を結んで切除するだけです。
左側も同じことをやって終了です。

1週間後、手術の合併症や排便のトラブルもなく無事抜糸することができました!