消化器科・泌尿器科専門外来

  • HOME
  • 消化器科・泌尿器科専門外来
サンプル

消化器科Department of Gastroenterology

当院の消化器科のこだわり


胃腸などの消化管だけでなく胆嚢や肝臓、膵臓などを含めた消化器疾患の精査・治療を行います。

消化器疾患では様々な症状が認められ、特徴的な症状がでないことも多いため、その鑑別が重要となります。

腹部超音波検査は、より詳細な腹部の画像評価だけでなく、超音波ガイド下での細胞学的、病理学的な検査や治療にも用いることがあります。

動物の状態に応じて上記各種検査を実施し、より正確な診断を下すことに努めます。

また、診断に応じて最適な内科治療、または再建術を含めた外科治療を実施ます。

 

消化器疾患

胃腸疾患 胃腸炎、胃腸腫瘍、会陰ヘルニア、炎症性ポリープ
肝臓疾患 肝炎、肝臓腫瘍、門脈体循環シャント、門脈高血圧
胆嚢疾患 胆石、胆嚢炎、胆嚢粘液嚢腫、胆管閉塞、胆嚢腫瘍
膵臓疾患 膵炎、膵膿瘍、膵臓腫瘍

消化器外科

 胃腸  胃腸切開術、胃腸切除吻合術、会陰ヘルニア整復術
 肝臓  肝生検、肝葉切除術、シャント血管結紮術
 胆嚢  胆嚢切開術、胆嚢摘出術、胆嚢腸吻合術
 膵臓  膵臓切除術


泌尿器科Urology

当院の泌尿器科のこだわり


腎臓、尿管、膀胱、尿道などに関連する泌尿器疾患の精査・治療を行います。
腎泌尿器疾患は、排尿に関連する症状が認められることが多く、ネコでは尿路結石の発生が多く、犬では腫瘍性疾患と関連していることもあります。
正確な病態の把握が適切な治療に繋がるため、様々な検査(血液検査、尿検査、X線検査、超音波検査など)を実施し、その病態の評価に努めます。

治療に関しては、結石摘出術や尿路変更術などの外科治療や内科治療を実施します。

 

泌尿器疾患

腎臓疾患 胃腸炎、胃腸腫瘍、会陰ヘルニア、炎症性ポリープ
尿管疾患 肝炎、肝臓腫瘍、門脈体循環シャント、門脈高血圧
膀胱疾患 胆石、胆嚢炎、胆嚢粘液嚢腫、胆管閉塞、胆嚢腫瘍
尿道疾患 膵炎、膵膿瘍、膵臓腫瘍
生殖器疾患 前立腺嚢胞、前立腺膿瘍、前立腺腫瘍

泌尿器外科

腎臓 腎切開術、腎臓摘出術
尿管 尿管切開術、尿管移設術
膀胱 膀胱切開術、膀胱切除術
尿道 尿道切開術
前立腺 前立腺大網固定術、前立腺切除術

概要

診療日時

日曜日13時~17時、月2回
基本的には第一、第三日曜日(予定)

診察料

新規 5,000円(2時間)
再診 3,000円(1時間)


※別途、検査・処置費用がかかります。

獣医師プロフィール 室 卓志 先生

室先生
所属学会 獣医麻酔外科学会、獣医腎泌尿器学会
  • 2007年〜:埼玉、東京の一次診療施設に勤務

一般診療および夜間救急診療に従事

泌尿器・消化器のさまざまな内科・外科疾患を診療し、主に外科疾患を中心とした診療に従事

12月より新設された腎泌尿器科・消化器科の診療に従事