MEDICAL SYSTEM 診療案内

診療案内

診療方針Medical system

初めての方へ

当院での治療について、ご説明します。

基本的には当院の診療は予約制ではありません。(子犬子猫診療/猫専門診療は予約制)
※現在コロナ対策で完全予約制に移行させて頂いております。
必ずリードにつなぐか、キャリーバッグに入れてご来院ください。
危険ですので院内では犬猫をフリーにしないでください。
ワクチンの証明書、過去の検査結果お持ちの方はご持参ください。
問診票に記入してお持ち頂ければスムーズに受付が完了します。 [Download]
保険に加入している方は保険証をお持ちいただき、始めに受付にご提示ください。

救急の場合は時間外でも可能な限り対応させていただきますので、まずはお電話ください。

診療方針について

診療方針について

当院では、カウンセリングを重視しております。
治療に進む前に、飼い主様とのカウンセリングをしっかりと行います。

当該部位だけでなく、食事や普段の散歩のことなど、様々なことをご質問させていただきますが、これは、思わぬところに病気の原因が隠れていることがあるからです。

診察室に入っていきなりわんちゃん・ねこちゃんをべたべたと触ることはありません。飼い主様じっくりお話をしている間、床を歩いてもらって、場所とスタッフへ警戒心がなくなってから診察台に乗せて診察します。

ねこちゃんの場合、怖がりの子はこちらでキャリーから出さず、自分から出てくるのを待ちます。
診察、検査、治療を行う中でも、病気の部分だけでなく体全体を見るように心がけています。

また、当院では、すべての診療において、飼い主様と相談して治療方針を決めるております。
決して診療を押し付けることはございません。

選択肢の一例として

対症療法
スクリーニング検査(除外診断)
二次診療施設へ紹介

上記などがございます。
それぞれの診療方法に対しメリット、デメリットがございます。
診療方針について不明点、ご要望などございましたら、お気軽にスタッフまでご相談ください。

また、皮膚疾患では、併設するペットサロンとの連携し診療を行っております。

除外診断について

当院の除外診断についてフローチャートを用いてご紹介します。

(各項目ごとの画像をクリックすると詳細説明が表示されます)

除外診断フローチャート 問診 身体検査 簡易検査 スクリーニング検査(除外診断) 外注検査 対処療法 二次診療施設

夜間に当院と連絡がつかない場合

お手数ですが、提携先の「夜間救急動物病院-目黒」にご連絡ください。

後日、診療案内が当院に報告されます。

電話番号: 03-5720-1299(夜8時~朝8時)

 

予防について

混合ワクチン
狂犬病予防注射・混合ワクチン注射、随時受付しております。

【犬:5種、10種】【猫:3種、5種】
抗体検査
抗体検査も受け付けております。
血液を採取してウイルスに対する抗体価を測定し、 ワクチンを打つ必要があるかどうかを判定します。詳しくはお問い合わせください。
狂犬病
※狂犬病注射は毎年受けることが法律によって義務付けられています。
フィラリア
※蚊が媒介する感染症で、心臓に寄生します。

犬の場合は、ほとんどが慢性経過をたどりますが、重篤になることもあります。年齢の高いわんちゃんには特に注意が必要です。
東京では4~11月まで蚊が活動していますので、5~12月の投薬をおすすめします。
様々なタイプのお薬から選択いただけます。
投薬前に必ずフィラリアに感染していないか検査をしましょう!
感染している場合、予防薬によってショックを起こす場合があります。

猫の場合は、犬に比べて発症数は少ないものの、突然死を招くこともある怖い病気です。
完全室内飼いでも感染報告がありますので、ノミ予防とともにフィラリア予防を習慣化しましょう。

ノミ・ダニ

マダニによる人の死亡事故が増えています。
フィラリアと一緒に予防できる薬もありますので、しっかりと予防しましょう。

※当日の予約受付は12時までとせて頂きます。

「ペトこと」掲載の関連記事

日本初の犬におけるアナプラズマ症の感染報告