犬の臍ヘルニア整復術(でべそ)

おへそのヘルニア、いわゆる「でべそ」の子を見かけることはそんなに珍しいことではありません。 今回は生まれつきの臍ヘルニアを避妊手術と同時に整復しました。

※手術画像になりますので、苦手な方はご注意ください!

犬の臍ヘルニア整復術(でべそ)

手術前、毛刈りをして消毒をしている状態です。
奥の方が頭で、仰向けに寝ています。 見事なまでのきれいなでべそですね。
これは生まれつきヘソの部分の筋肉が上手に塞がらず、小さい穴が開いてしまっているために、お腹の中の脂肪が飛び出てしまうことでおこります。
なので、小さくなったり大きくなったりするという報告を受けることもしばしばあります。
今回の穴はすごく小さいですし、このままでもおそらく悪さはしませんが、まれにその穴から腸が飛び出てきてしまって腸が筋肉に絞めつけられ壊死してしまう…という怖いことも起こりうるため、避妊手術と同時に治してしまうことにしました。

犬の臍ヘルニア整復術(でべそ)

デベソの分、いつもより少し長めに切皮します。
脂肪を包んでいる膜を切るとニュルッとお腹の中の脂肪が出てきます。

犬の臍ヘルニア整復術(でべそ)""

お腹を開け、脂肪をお腹の中に戻します。
筋肉がしっかりとくっつくように、でべそだった穴の部分を少しトリミングします。

犬の臍ヘルニア整復術(でべそ)

避妊手術を済ませ、お腹を閉じます。

犬の臍ヘルニア整復術(でべそ)

いつものように皮内縫合で終了です。
エリザベスカラーが必要ないので大変喜ばれますし、わんちゃんもストレスフリーです。

犬の臍ヘルニア整復術(でべそ)

翌日、パピーパーティーを見学♪
手術跡を気にすることもなく受付を手伝ってくれました(*’U`*)