わんちゃんの症状別お悩みdog

わんちゃんの悩み・症状別

ただし、同じ症状でもわんちゃん・ねこちゃんによって、状況は異なりますので、あくまでも目安としてご覧ください。ご心配な点があれば、お気軽にご相談ください。

内科

体温が上がる

わんちゃんの熱が上がる理由はさまざまです。体のどこかで炎症性疾患があるとき、熱中症、痙攣などでも熱があがります。とはいえ、わんちゃんの体温は変わりやすく、運動した後や興奮した時、緊張して体の震えがあるときにも、39度前半くらいに上がることもよくあります。心配しなくてよいものか、病気が原因なのか、判断が難しい場合がありますが、ご心配な時はお気軽にお電話ください。
わんちゃんの熱は、耳やお腹など、被毛が薄いところで確認します。平熱はだいたい38度台で、人の体温より少し高めです。

嘔吐する

嘔吐の原因として最も多いのが、胃腸など消化器の障害です。
特に、激しく吐いている場合、頻繁に吐く場合は、細菌やウイルス感染も考えられます。
このような場合は、できるだけ早めに病院で受診してください。
考えられる病気
胃腸炎、膵炎、異物の誤飲、肝不全、ウイルス感染症、子宮蓄膿症、神経疾患、薬物中毒、食中毒など
※犬猫は、健康な状態でも、胃腸を整えるために嘔吐する場合があり、心配がいらないこともあります。危険な病気を伴っている場合と区別がつきづらく、判断が難しい場合があります。少し様子をみておかしいと思ったら、まずは受診してください。

受診の際の注意

嘔吐物を持参していただくと、原因がつかみやすく、的確な診断ができます。可能であれば、ビニール袋等に入れてお持ちください。

痙攣(けいれん)

痙攣を起こす原因は様々です。原因を突き止めることが難しい場合もありますが、脳が障害を受けているケースが多く見られます。痙攣は一時的なものなので、ほとんどの場合、病院についた時には、痙攣が治まっています。
痙攣を起こしたときは、意識の有無、痙攣している部位などをしっかりと記録するように普段から意識してください。動画に撮っておくとより迅速に診断できます。

考えられる病気

てんかん、ジステンパー、内臓疾患など

食欲不振

食欲不振はあらゆる病気の初期症状として見られます。
食欲不振だけでは判断がしづらいため、ほかに異常がないか(熱の有無、元気はあるか、便や尿に異常がないかなど)も確認してください。
内臓疾患がなく、健康な状態でも、口の中や舌に傷がついていて、あまり食べなくなることもあります。口の状態も忘れず確認してください。

考えられる病気

歯痛、胃腸炎、異物の誤飲、内臓疾患、子宮蓄膿症など様々

水を異常に飲む

急に水を大量に飲むようになったり、異常な行動が見られたりした場合は、病気が隠れていることがありますので、注意してください。

※健康な状態でも、餌を食べた後、暑いとき、走り回った後は飲む水の量が増えることがあります。水を飲む量が増えても、必ずしも病気とは限りません。

考えられる病気

糖尿病、腎不全、副腎皮質機能亢進症、甲状腺機能亢進症、尿崩症、子宮蓄膿症、膀胱炎、熱中症、脱水など

お腹が膨らむ

お腹が異常に膨らんでいる場合、お腹に熱やしこりなどがある場合は、なるべく早めに受診してください。
※食べ過ぎ、肥満、便秘などが原因でお腹が膨らむこともあります。

考えられる病気

副腎機能亢進症、腹腔腫瘍、子宮蓄膿症、心不全、肝不全など

急に太った

急に太った場合、何かしらの病気のサインであることがあります。食べ過ぎや運動不足、去勢や避妊手術によって太る場合もありますが、判断が難しいので気になる場合は早めに受診してください。

考えられる病気

副腎皮質機能亢進症、甲状腺機能低下症、糖尿病、肝不全、股関節形成不全、関節炎など
※特に病気ではなく、単に太ってしまったという場合は心配がありませんが、逆に、太りすぎが原因で、病気になってしまうこともあります。体重管理はしっかりと行ってください。

急に痩せた

重症の糖尿病の場合、痩せてくる場合があります。(さらに、水を多量に飲む場合は、まず糖尿病を疑います)
食事をしっかりとっているにもかかわらず痩せたのか、食事をとらないから痩せたのかによって、考えられる病気が異なるため、食事量もよく観察してください。

考えられる病気

甲状腺機能亢進症、糖尿病、腫瘍、感染症、精神的ストレスなど

体が臭い

いつもと違った臭いがする、強い悪臭がする場合は異常が起きている可能性も考えられます。まずは、どの部位が臭いのかを確認してください。

考えられる病気

体全体が臭い→膿皮症、脂漏症、皮膚の病気
耳が臭い→中耳炎、外耳炎
口が臭い→歯周病、口内炎、その他口の病気
お尻まわりが臭い→子宮蓄膿症、肛門腺の貯留

耳が臭い

耳垢自体には臭いはないのですが、耳垢をそのままにしておくと、変質して悪臭が発生する場合があります。まずは耳垢が溜まっていないか確認しましょう。
耳垢が細菌やカビなどに感染して炎症を起こすことがあります。

考えられる病気

外耳炎、中耳炎、耳かいせんなど

お尻が臭い

肛門にある「肛門のう」には分泌物が溜まっていて、臭いを発します。通常は便と一緒に排泄されますが、肛門に障害があると臭うことがあります。そのほか、お尻のまわりの生殖器の病気の可能性もあります。

考えられる病気

膣炎、子宮蓄膿症など

尿の量が少ない/多い

量が普段より多いか少ないかで考えられる病気が異なります。

考えられる病気

糖尿病、甲状腺機能亢進症、尿崩症、副腎皮質機能亢進症、子宮蓄膿症など
※異常を発見しやすくなるように、元気な状態の時の尿の量を把握しておきましょう。

尿の色がおかしい

通常の場合、尿は濁りがなく透明で薄黄色をしています。いつもより色が濃い、いつもより薄い、色が赤いなど変化がある時は早めに受診してください。
できれば尿を容器に入れて動物病院へお持ち下さい。
※持参する時は、採ってすぐのものにしましょう。時間がたつと雑菌が繁殖して診断できない場合もあります。尿が持参できない場合は院内で採取可能ですのでご相談ください。

考えられる病気

膀胱炎、尿路結石、尿崩症、前立腺炎、肝不全、糖尿病、脱水、発熱、フィラリア、たまねぎ中毒など

下痢

基本的に体の調子によって色や硬さなどが変わってきます。下痢以外に症状がない場合は、元気食欲ともに十分な場合は、水分を与えて、一日様子を見てみましょう。食欲不振や嘔吐、下痢が続くようであればすぐに受診してください。少量の便を持参下さい。

考えられる病気

ウイルス感染症、胃腸炎、膵炎、腎不全、内臓疾患、食中毒など

便秘

便が出ない、回数が少ない、いつもより固いなどの場合は、食事の内容や量に問題がある場合があります。環境の変化によるストレスから便秘になることもあります。
24時間以上便が出ない場合は受診するようにしましょう。
便秘と下痢を繰り返している、発熱がある、呼吸が荒くなるという場合は、重症の病気の可能性もあります。便ではなく尿が出せない可能性もあります。

考えられる病気

尿路結石、前立腺炎、前立腺肥大、腎不全、巨大結腸症など

息が荒い

犬は汗をかくかわりに唾液を蒸発させることで熱を放出します。このため、暑い時や運動の後にハァハァと荒い息をします。暑いわけでもなく運動もしていないのに、いつも息が荒い場合は病気が原因の場合があります。

考えられる病気

ケンネルコフ、気管支炎、気管虚脱、肺炎、心不全、僧帽弁閉鎖不全症、肺水腫、熱中症、骨折、貧血、感染症の病気、寄生虫の病気など

咳をする

一言に咳といっても考えられる原因は様々です。
どんな咳をしているかを注意して観察してください。

考えられる病気

ケンネルコフ、気管支炎、気管虚脱、肺炎、肺水腫、僧帽弁閉鎖不全症、心不全、異物を飲み込んだなど

鼻水が出る

鼻水といってもその状態はさまざまです。色がにごっていたり、粘りがあるもの、膿のようなものが混じっていたり、水のようにさらさらしていて無色透明なものなど、体の状態によって鼻水の状態はいろいろと変わってきます。どのような鼻水が出ているかを確認してください。

考えられる病気

鼻炎、気管支炎、肺炎、副鼻腔炎、ケンネルコフ、ジステンパー、鼻の腫瘍、目の病気、歯周病など

よだれが多い

犬は体温を唾液の蒸発で調節するため、多少よだれが多くても心配ないケースもあります。口角に唾液がたまっていたり、よだれが出続けたりしている場合は異変が起こっている可能性がありますので、早めに受診しましょう。

考えられる病気

歯周病、口内炎、口腔腫瘍、ジステンパー、てんかん、熱中症、顔面神経障害、乗り物酔いなど

生殖器が腫れている

オス犬の場合は、睾丸や陰茎の腫れに特に注意が必要です。
メス犬の場合は、外陰部が腫れている場合は外からでも見えるので分かりやすいですが、子宮や卵巣には気づきにくいので、生殖器の腫れ以外に症状がないかも確認してください。

考えられる病気

精巣腫瘍、子宮蓄膿症、膣炎など

乳房が腫れている

乳房が腫れている場合は、腫瘍の可能性があります。良性のものと悪性のものがありますが、見た目だけでは判断がつかないので、腫れに気づいたら、まずは受診しましょう。乳ガンの可能性も考えられます。乳がんは初期の場合、腫れやしこり以外に症状がでないことがほとんどです。毎日ボディチェックを心がけることで異変に気づきやすくなり、早期発見につながります。

考えられる病気

乳腺腫瘍、乳腺炎、偽妊娠など

リンパ節が腫れている

発熱などでリンパ節は腫れることがありますが、他には何も症状がないのにリンパ節だけが腫れているといった場合はリンパ腫の可能性があります。リンパ節はお腹や脇の下、胸、股の付け根、顎の下など体中いたるところにあるので、全身をチェックするようにしてください。

考えられる病気

リンパ腫など

頭を振る

やたらに頭を振るようになった場合、耳に異常が起こっている可能性があります。特に、耳が垂れている犬種、耳の中の毛が長い犬種は、耳のトラブルを起こしやすいので、日頃から注意してください。

考えられる病気

外耳炎、耳かいせん、中耳炎、アレルギー性皮膚炎など

触ると嫌がる

元々触られることを嫌がるわんちゃんもいますが、いつもはおとなしくなでられたり抱っこされたりしているのに、急に触られるのを嫌がるようになった場合は、体の異変を疑ってください。体のどこかに痛みや異常がある可能性があります。
その場合、やさしく体に触れて、どこを触ると嫌がるのかをチェックしてください。

考えられる病気

歯周病、脱臼、胃炎、子宮蓄膿症、乳腺炎、耳かいせん、外耳炎、肝炎、口内炎、骨折、椎間板ヘルニア、その他外傷など

歩き方がおかしい

まずは外傷がないかをチェックしましょう。手足にトゲが刺さっている場合もあるので、肉球も確認してみましょう。外傷がない場合、骨や関節の異常、寄生虫による異常も考えられます。おかしな歩き方が続いたら、まずは受診してください。

考えられる病気

股関節脱臼、膝の十字靭帯断裂、膝蓋骨脱臼、僧帽弁閉鎖不全症、骨肉種、骨折、椎間板ヘルニア、感染症の病気、外傷、脳の障害、寄生虫の病気など

皮膚科

毛が抜ける

犬の抜け毛は気づきにくいので、定期的にブラッシングをして、毛が異常に抜けている場所がないか、チェックしてください。特に毛の長い犬種のわんちゃんは、飼い主さんがなかなか異常に気かないこともありますので注意してください。かゆみを併発しているかどうかも病気の判断基準になるため、いつもと違う動きをしていないか確認してください。また、毛が抜ける場合、部位によって、考えられる病気が変わってきます。

考えられる病気

顔や足、背中やわきなどが抜ける→アレルギー性皮膚炎、アトピー
左右対称に抜ける→甲状腺機能低下症、副腎皮質機能亢進症など

体を掻く

体を掻いている場合、下記のポイントを確認してください。
1. どこを掻いているのか。
2. フケが出ていないか。
3. 毛が抜けていないか。
4. 皮膚が赤くなっていないか。
5. 発疹ができていないか。

考えられる病気

細菌・真菌感染、寄生虫、皮膚糸状菌症、アレルギー性皮膚炎、アトピー、など

体を舐める

体を舐める場合、皮膚にトラブルが起こっている可能性があります。そのほか、骨や関節などの痛み、精神的なストレスなどが原因であるもあります。体のどの部分を舐めているかによって考えられる病気は変わってくるので、よく観察するようにしてください。

考えられる病気

皮膚炎、関節炎、骨折・打撲、常同行動など

歯科

口が臭い

口臭の原因として最も多いのが歯周病です。
歯と歯茎の間に溜まった歯垢が原因で炎症を起こし、臭いを発することがあります。口の中の傷が炎症を起こして化膿している場合もあります。

考えられる病気

歯周病、口内炎、糖尿病など

目やに、涙

涙の色は正常の場合無色透明ですが、色が濁っていたり、目に涙が常にたまっていたり、目やにがずっとついている場合は、眼科疾患が考えられます。

考えられる病気

角膜炎、結膜炎、角膜潰瘍、ドライアイ、涙管閉塞、など
※受診の際の注意
来院される際は、そのままの状態を判断できるように、目を洗ったり、目やにをふいたりすることなく、できるだけそのまま触らずにお越しください。

 

目が赤い

まず第一に、眼科疾患が考えられます。心臓病などの場合にも目が赤くなる症状が現れることがあります(心臓病の場合、両目が赤くなることが多いです)。

考えられる病気

結膜炎、角膜炎、ブドウ膜炎、緑内障、眼瞼内反症・外反症など