ねこちゃんの症状別お悩みcat

ねこちゃんの悩み・症状別

当院では猫専門治療も行っております。

犬・猫別々の治療になりますので、安心してご来院ください。

内科

元気がない

特に疾患がなくても、いつもは元気なはずなのに、名前を呼んでも反応しない、ごはんをあげても食べにこない、ずっと寝てばかりいる、などの場合、ケガや病気が隠れていることがあります。体に異変はなく、何らかの原因でメンタル的に落ち込んでいる場合もありますので、様子をみてください。

たくさん水を飲む

年齢を重ねると腎臓の働きが衰えてくるため、たくさん水を飲むようになるので、「年々飲む量が増える」というのは普通のことです。
しかし、年をとっているわけではないのにたくさん水を飲む、急に水をたくさん飲むようになったというような場合は、注意してください。水を飲む量は、病気の早期発見のてがかりになります。体内で炎症を起こした場合もよく水を飲むようになるので、異常を見落とさないようにしましょう。

考えられる病気

糖尿病、子宮蓄膿症、乳ガン、すい臓の病気、甲状腺機能亢進症、慢性腎不全、腎炎、腎臓の腫瘍など

嘔吐

外で小動物を捕まえて食べたりした時などには、食道に入ったものをそのまま吐くことがあります。単に餌を食べ過ぎて吐く場合もあります。
また、体を舐めて毛づくろいをして口から毛が入り胃の中にできた毛玉を吐き出すこと、草を食べて吐くことなどは、正常な生理現象なので心配はいりません。
食欲がなく、あまり食べないのに嘔吐をする場合は、消化器や内臓の異常が疑われます。そのような場合は、早めに受診しましょう。

考えられる病気

食べ過ぎ、毛球症、異物の誤飲、ウイルス性胃腸炎、内部寄生虫、尿毒症、消化器疾患、巨大食道症、腸閉塞、内臓疾患、糖尿病、甲状腺機能亢進症など

血尿

血尿(尿が赤っぽくなっている)があるときは、尿道器官の病気、腎臓病・腎不全の可能性があります。
血尿に加えて、オス猫が排尿困難になっている時は、尿道に結石が詰まっている可能性が高いので、早めの治療が必要です。時間がたつと腎臓機能が正常に動かなくなってしまうこともあり、大変危険です。メスの場合は尿道が太くて短いので、このようなことはあまり発生しません。

考えられる病気

膀胱炎、下部尿路症侯群、溶血症、たまねぎ中毒、膀胱の腫瘍など

便秘

高齢の猫は、便秘をしやすい傾向があります。
排尿ができずトイレに居座っている可能性もあるので注意が必要です。

唾液がひどい

唾液(よだれ)がよく出る場合、まずは歯茎の病気(歯周病)が考えられます。特に、歯茎が赤く腫れて、炎症を起こしている場合は、歯周病の初期症状が疑われます。まれに歯茎のガンの場合もあるので、軽視しすぎず、注意をするようにしてください。日ごろから歯のクリーニングを行っていると、異常があった際に発見しやすくなります。

考えられる病気

食道炎、熱中症、歯周病、口内炎、歯根の吸収、口の中のガン、異物の誤飲、てんかんの発作、中毒、猫エイズ、あごの骨の骨折、脳や神経の異常など

呼吸に異常・咳をする

猫は通常、口をあけて呼吸をしません。口をあけて苦しそうに呼吸をしている時は、何らかの異常があるとみてよいでしょう。心臓病、悪性の腫瘍(ガン)、猫伝染性腹膜炎などの可能性があります。貧血の場合も呼吸に異常がみられることもあります。また、舌を出してヒーヒーするような呼吸をしている場合はぜんそくが考えられます。
また、外に出て事故にあってしまい、胸部に骨折や内臓破裂が起きている場合も、呼吸に異常が見られることがあります。
お腹を使って苦しそうに呼吸をしている場合は、重篤な病気の可能性が大きく、危険な状態です。至急受診をしてください。いつもと違う苦しそうな呼吸をしている際は、早めに受診してください。

考えられる病気

心臓の病気、ケガ、骨折、内蔵破裂(交通事故によるケガ)、呼吸器の病気、心筋症、貧血、リンパ腫、肥満、横隔膜のヘルニア、胸水、ガン、細菌感染症、猫伝染性腹膜炎、フィラリア症など

下痢や血便、便に異常がある

下痢・血便・その他の便の異常は、胃や大腸、小腸などの消化器に異常があることがほとんどです。
小腸に異常がある場合は、下痢状の水っぽい便の量が増える特徴があります。この場合、栄養が吸収しにくくなるため、痩せてくることがあります。
大腸に異常がある場合は、下痢(軽い下痢のこともあります)、粘液が出るような便になり、血液が混じることもあります。下痢と嘔吐を交互に繰り返す場合は、胃の異変が考えられます。寄生虫や薬物反応、細菌の過剰な増殖などの可能性があるため、早めに受診してください。

考えられる病気

消化器疾患、胃腸炎、伝染性腸炎、膵炎、内部寄生虫、薬物中毒など

痙攣(けいれん)・ひきつけ

痙攣は、口、顔面、手足などさまざまな部位で発生します。痙攣しているときは、無理に動かすことなく、落ち着ける場所に安静にさせてください。ほとんどの場合、痙攣は数分以内で治まります。口から泡が出ている場合、ふき取ってあげましょう。痙攣が止まったら、すみやかに受診してください。

考えられる病気

低体温症、心臓発作、脳神経の病気、頭部のケガ、てんかん、発作、脳炎、脳神経の先天性異常、低カルシウム血症、低血糖症、腎臓病、肝臓病、尿毒症、骨折、内蔵破裂(交通事故によるケガ)など

歩き方がおかしい

足の付き方がアンバランスだったり、地面に触れる様子に違和感があったりする場合、ケガをしているかもしれません。神経が損傷している可能性もあります。高い場所から落下したり、外で何かにぶつかったりして、飼い主さんが気づかないうちに骨折していることも多々あります。
また、ふらついている、同じ場所をぐるぐる回るなどの場合、脳や中枢神経の異常や耳の病気の可能性もあるので注意が必要です。

考えられる病気

ケガ、関節炎、骨折、脱臼、脳神経の異常、耳の病気、など

痩せる

体重が減り続けている場合は、栄養失調、下痢、発熱による体力消耗、腎臓か肝臓の疾患、精神的なストレス、ホルモンバランスの分泌状態の異常、伝染性腹膜炎などの原因が考えられます。その他、暑さによる食欲低下、老化による体重減少など、病気の心配がないケースもあります。

考えられる病気

栄養失調、腎不全、腫瘍、肝不全、精神的ストレス、老齢、下痢(慢性胃腸炎)、口内炎、猫エイズ、甲状腺機能亢進症、猫伝染性腹膜炎など

発熱

「普段は元気なのにずっと寝ている」、「起きているのにじっと動かない」、「体を小刻みに震わせている」、「目がトローンとしている」といった時は、熱がないかチェックしてください。猫の平熱は37.5~39.0度で、人間の体温より少し高めくらいが正常です。鼻水や涙が出ているときは、ウイルス感染による発熱が考えられます。

考えられる病気

猫かぜ(ウイルス性呼吸器感染症)、咽頭炎、気管支炎、肺炎、猫伝染性腹膜炎、細菌感染症内部寄生虫、その他の感染症、中毒、免疫の異常、リンパ腫、胆管肝炎など

頭を強く振る

猫が頭を頻繁に振っていたら、まずは耳の疾患が疑われます。耳にばい菌が入ったり、誤って虫が入ってしまうといったこともあります。耳に異常がない場合は、脳疾患、前庭性失調症症候群も考えられます。中でも、前庭性失調症症候群になると、前庭(耳の内部にある部分でバランスを保つ器官)に異常が起こり、首の位置が傾いたりフラフラしたりします。

考えられる病気

耳かいせん、耳の中の異物、耳のケガ、外耳炎、前庭性失調症侯群、脳腫瘍、脳炎、脳(頭部)のケガ、栄養失調、中毒など

皮膚科

体を掻く

かゆみがあるために、皮膚を強く掻きむしることがほとんどです。かゆみの原因としては、ノミやダニなどの寄生虫、カビ、皮膚の乾燥、アレルギーなどがあげられます。免疫系の病気が隠れていることもあるので要注意です。

考えられる病気

アレルギー性皮膚炎、アトピー、寄生虫による皮膚病、ノミアレルギー、ヒゼンダニ症など

毛が抜ける

アレルギー性皮膚炎やノミ・ダニなどが原因で毛が抜けることがあります。脱毛部分に赤い発疹ができたり、皮膚が乾燥したり、掻いた傷が膿んでしまうこともあります。
体の左右対称に毛が抜ける場合は、ホルモン系の異常が疑われます。

考えられる病気

ストレスによる脱毛症、心因性脱毛、アレルギー性皮膚炎、ホルモン失調、ノミによる皮膚炎、疥癬、皮膚糸状菌症、クッシング症侯群など

眼科

目の傷や腫れ

引っ掻いて眼球やまぶたが傷つくと、化膿したり、視力を失ったりすることがあります。大事になる前に、早急に対応をしましょう。
猫は目に異物が入りやすい性質があり、日常的に、眼球が傷つくことはよくあります。充血をすることもありますが、一時的なものなのか、治療が必要な眼科疾患なのか、見分ける必要があります。日ごろから異常がないか、目の状態をチェックするようにしてください。

考えられる病気

結膜炎、角膜炎、緑内障、喧嘩によるケガ、目の病気、感染症、猫伝染症腹膜炎など

目やに・鼻水

「猫かぜ」によってくしゃみや鼻水が出ることがあります。そのほか、猫かぜになると、涙目になったり、口の中がただれたりすることもあります。猫かぜには、猫カリシウイルスによるものと、猫ヘルペスウイルスによるものの2種類があります。

考えられる病気

ウイルス感染症、鼻炎、副鼻腔炎、鼻の中の腫瘍・異物など