2016.08.29更新

土日を臨時休診にさせていただき、僕が所属する日本小動物歯科研究会の実習に行ってきたので実習内容をご報告いたします。

今回の実習先は日大の湘南校舎。

僕の母校だったのでいろんな意味で楽しみでした。

 

参加したのはレベル3、4の実習です。

まず1日目、レベル3でやることは歯冠の修復です。

歯冠とは歯の見えている部分、つまり我々が普段「歯」と言っているそのものですね。

頭蓋

この頭蓋で練習しました。

 

犬歯(牙)が折れてしまった場合を想定して露出してしまった歯髄(人間でよく「神経」と呼ぶところ)を塞ぎます。

犬歯の歯冠治療

作業に夢中で途中経過の写真を撮るのを忘れてました。

歯髄と折れた断面に特殊なコーティングがしてあります。

 

 

2日目はレベル4の歯髄治療です。

破折などで露出した歯髄が感染し壊死してしまった時に、歯髄を除去してつめもので塞ぐ処置です。

上顎犬歯

上顎犬歯の歯髄をゴシゴシ除去しているところです。

レントゲンを何度も撮りながら、ちゃんと奥まで挿入できているか確認します。

 

第四前臼歯

大変なのは臼歯(奥歯)です。

ここは歯根(歯の根っこ)が3本あるので、それぞれの歯髄を除去する必要があります。

 

歯髄を除去したらつめものを入れ、歯髄の一番奥までちゃんと入っているかレントゲンを撮り、さらにつめもので隙間を埋めレントゲンを撮り…なかなか骨の折れる作業です。

 

完璧につめものが充填できたらレベル3でやった歯冠の修復です。

 

こうして2日間の実習が終了しました。

受講証

年に1度しか行われず、定員が少ないためなかなか受講することができずにいたんですが、やっと全課程を修了することができました。

 

なかなかここまでマニアックな処置をする機会は少ないかと思いますが、より多くの方の要望にお応えできるようになりたいと思っています!

投稿者: バンブーペットクリニック

2016.08.06更新

お盆期間は通常通り診療いたします。

 

なお、誠に勝手ながら8月27(土)、28(日)は小動物歯科研究会の実習のため休診とさせていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、ご了承のほどお願い申し上げます。

 

実習時間の関係で土日を丸2日休診にしなければならないことを大変申し訳なく思いますが、さらなるスキルアップで皆様のお力になれるよう努力してまいりますので、よろしくお願いいたします!

 

また、上記期間に緊急で診察をご希望される場合は、近隣の学芸大学ペットクリニック様に受け入れをお願いしております。

診療内容を引き継ぎますので、安心して受診して頂くことができます。

投稿者: バンブーペットクリニック

2016.07.29更新

アレルギーやアトピーで皮膚のかゆみに悩まされていたワンちゃんに素晴らしい薬が登場しました!

その名もアポキル錠!

アポキル

当院でも従来の治療法、減感作療法やインターフェロン療法、免疫抑制剤などを駆使して治療してきましたが、残念ながらなかなか満足のいく結果にならず、ステロイド剤を使わないと痒みのコントロールができないという子が少なくありませんでした。

ステロイド剤は安価でありながらかゆみに対して即効性があり、大変すばらしい薬なんですが、長期で使用すると重大な副作用が出てしまうという欠点がありました。

なので、なるべくステロイドに頼らない治療を提案し、どうしてもコントロールが難しい時はかゆみと副作用を天秤にかけながら少量のステロイドを使用する…というのが常でした。

 

このアポキル錠はステロイドと同等の効果を持ちながら、副作用がほとんどないというなんともミラクルな薬なのです!

日本では出たばかりですが欧米ではすでに使用されていますので、安全性も確認されています。

 

作用はかゆみのシグナルをブロックしてくれることです。

アレルギーによる痒み → かく → 炎症 → より強いかゆみ → …という悪循環を防いでくれます。

 

当院でもすでに数例使用を開始していますが、全員満足いただいております。

 

皮膚病の診断プロセスはこれからも変わりませんが、治療の選択肢に大変心強いヒーローが現れてくれました(・∀・)イイ!!

投稿者: バンブーペットクリニック

2016.07.21更新

いよいよ夏休みですね!

開業してもうすぐ2年、6月末に初めて長期休暇を頂きました(・∀・)

「休んだ方がいいよ」と温かいお言葉を多く頂いた感謝と、ご迷惑をおかけしたお詫びとして、来院して下さった方にミニうちわをプレゼント致します!

うちわ

散歩で立ち寄って下さった方でも大丈夫です( ゚∀゚ )

小さい頃よく通った鷹番の湯さんにも置いてもらうことになっています。

 

散歩中、このうちわで飼い主さん共々熱中症予防をして下さい!

数に限りがあるのでお早めに♪

投稿者: バンブーペットクリニック

2016.07.17更新

看護学校の学生、小林加奈さんがアルバイトとして土曜日に出勤してくれることになりました( ゚∀゚ )

kana

まだ19歳ですleafうらやましいですね~(´;ω;`)

大変やる気があって、とてもいい子ですd(●・ω・)b゙

 

ますは掃除や雑用から覚えてもらいますが、4月からは正社員として働いてもらうつもりです(*・∀・*)ノ

よろしくお願いします!

 

投稿者: バンブーペットクリニック

2016.07.15更新

8月14日から日曜日もトリミングの予約受付を開始いたします(゚∀゚)!!

本庄が担当させて頂きます(*'U`*)

 

営業時間は9:00~13:00です。

投稿者: バンブーペットクリニック

2016.06.16更新

ここのところトリミングの予約がいっぱいの日が多く、お断りさせていただく機会が増えていました( ;∀;)

 

そんな当院に強力な助っ人が来てくれました!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

新しいトリマーの本庄です(*・∀・*)ノ

 

現スタッフ横山の後輩で、技術は折り紙付きです( ´∀`)bグッ!

 

よろしくお願いします(・∀・。(-∀-。)

福ちゃん

鈴木福くんに似ているので福ちゃんと呼んでいます(。・w・。 )

 

自己申告ですw 安心して下さい、仲良くしてますよ(古)

 

しばらくは横山とシフトを被せて出勤しますが、ゆくゆくは現在トリミングを行っていない火曜日や隔週の土曜日も毎週ご予約いただけるようになる予定ですo(^▽^)o

また、そうなる前もトリマーが2人いることで予約が入れやすくなっていますから、どしどしお電話下さい!

 

福ちゃんがカットした子ですheart

 

ハート❤かわゆ~ #デザインカット #ハート #ポメラニアン #dog #dogsofinstagram #トリミングサロン #動物病院

"遊びへ つなぐ" バンブーペットクリニックさん(@bamboo.pet.clinic)が投稿した写真 -

投稿者: バンブーペットクリニック

2016.05.28更新

誠に勝手ながら、6月27日(月)、28日(火)を夏期休暇とさせて頂きます。

29日(水)も通常通り休診日となっております。

 

また、上記期間に緊急で診察をご希望される場合は、近隣の学芸大学ペットクリニック様に受け入れをお願いしております。

診療内容を引き継ぎますので、安心して受診して頂くことができます。

 

ご不便をおかけしますが、何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

投稿者: バンブーペットクリニック

2016.05.10更新

みなさん、5月も半ばになりましたflower2

フィラリア予防薬の投薬時期です(´∀`)9 ビシッ!

キャンペーンで早めに用意して下さった方、忘れずに投与して下さいね(●'З`)db⌒☆

10日や15日など、覚えやすい日に毎月投薬するといいですよ!

まだ、用意されてない方も早めに準備しましょうo(^▽^)o

 

当院では飲み忘れ、もしくは今月飲ませたっけ?とならないよう、飲み忘れ防止シートを無料でお配りしています。

マグネットになっていますので冷蔵庫などに貼ってお使い下さい。

マグネット

さて、題名にもありますが、マダニが媒介するアナプラズマ症という病気の感染報告が日本で初めてありました。

 詳しくはコチラ → ペトこと記事:日本初の犬におけるアナプラズマ症の感染報告

 

この記事では頻繁なシャンプーでスポット剤の効果が薄れてしまったのでは…と書いてありますが、最近ではフィラリア・ノミ・ダニ予防が1つになった飲み薬が主流になりつつあります。

これならシャンプーに影響されませんし、おいしいチュアブルタイプもあるので投薬も楽チンです。

 

当院でも、4月に入ってからすでに2件ほどマダニをつけたわんちゃんの診察をしました。

未だフィラリア予防薬だけでいいとおっしゃる方も残念ながら少なくはありません。

東京にも草むらにはノミ・マダニはいます。

フィラリアを媒介する蚊と違い、1年中活動していますが、活発なのは蚊の活動時期と似ています。

通年予防するのが理想的ですが、せめてフィラリアの予防時期だけでもノミ・マダニの予防をしましょう!

 

マダニは人間の死亡報告があるSFTSウイルスも媒介します。

月に一度、簡単な予防を怠ったがために、大切な愛犬を苦しませたり家族を失っては大変ですよねen

投稿者: バンブーペットクリニック

2016.04.22更新

皮膚にトラブルがある子のために新しいシャンプーを導入しましたglitter

エビデンスに基づいた医療品質のAFLOAT VETシリーズです!

AFLOAT

 

いわゆる“薬浴”が必要な皮膚に対して3つのステップで丁寧にスキンケアを行います。

①クレンジング
頑固な皮脂落としに、シャンプー前のファーストステップ。

②低刺激シャンプー
泡で洗うので、皮膚をこすることなく、優しく汚れを落とします。
獣医師の診断のもと、皮膚の状態に合わせて薬用シャンプーを併用する場合もあります。
最後に炭酸泉のナノバブルシャワーで汚れをしっかりと落とします。

③モイスチャライズ
ナノレベルまで微細化したこんにゃくセラミドが皮膚の奥深くに浸透し、潤いをキープします。

※エタノール・バラベン・合成香料 不使用

 

従来のコースは今まで通りロアジススパシャンプーを使用いたしますnico

投稿者: バンブーペットクリニック

前へ 前へ