2016.09.29更新

最新の超音波装置(エコー)を導入しました!

人では妊娠検査でよく目にするアレです。

超音波を利用して皮膚の上からお腹の中や心臓などを観察することができます。

イルカが海で物の形や距離を認識するのと似た原理ですね。

 

レントゲンは臓器の大きさや位置をシルエットで観察するのに対し、超音波では臓器の内部を輪切りにして観察することができます。

どちらがいいというわけではなく、両方を組み合わせてより正確な診断を行います。

また、超音波で見ながら針を刺して生検をしたり尿を抜いたりするのにも使います。

エコー

従来よりもより鮮明に描画でき、特に心臓では弁の動きまでハッキリと観察することができます。

また、診察室のモニターに静止画はもちろん動画も転送できるので、心臓の動きなどを飼い主様にも見てもらいながら説明することができます。

ちなみに、画像は僕の肝臓ですpue

投稿者: バンブーペットクリニック